青汁イメージ

青汁の栄養分-ルテイン-

青汁は使用されている原料によって、特に豊富に摂取できる栄養分が変わってきます。
ケールを主原料にした青汁には、食物繊維が多く含まれています。
食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種が存在し、どちらも健康効果の高い成分です。

水溶性食物繊維は腸内で水分を吸収すると、ゲル状になり粘性をもちます。
このゲルが腸をスローペースで移動するため、満腹感が長く続き、間食や食べすぎを防止できます。
また、ゲルが食べたものを包み込むため、脂肪や糖分の吸収を抑制します。
過食を抑え、脂質・糖質の制限することで、肥満の防止や健康的なダイエット効果が期待できるのです。
また不溶性食物繊維は腸内に入ると、ダイオキシンや水銀などの有害物質や老廃物を絡めとります。
そしてそのまま便として体外に排出するので、強いデトックス効果が期待でき、大腸がんの予防になるとされています。
さらに不溶性食物繊維は水と結びつくことで体積が増大し、腸を刺激し始めます。
すると腸の働きが促進されるので、便秘の改善へとつながるのです。

ケールを使用した青汁には、色素の一種であるルテインも豊富です。
ルテインにはパソコンやスマートフォン・TVなどから発せられるブルーライト、そして紫外線から目を守る効能があります。
特にブルーライトは光の中でも刺激が強いとされており、目に強い負担やストレスを与え、活性酸素を発生させる原因になります。

この活性酸素は、細胞を錆びつかせて老化を促進させます。
目の細胞の老化が進むと、視力の低下や白内障・黄班変性症などの眼病を引き起こし、最悪の場合には失明に至ります。
ルテインは活性酸素を発生させないよう、ブルーライトや紫外線を吸収してカットするのです。
またルテインには強い抗酸化作用があります。
抗酸化作用とはつまり、活性酸素を取り除く力のことです。
活性酸素の発生を事前に防ぎ、発生したものは除去。この2つの作用で健康な目を保つのです。

ケールと並んで有名な大麦若葉の青汁はこちらもご覧ください。

また頭皮のフケやかゆみにお悩みの方は頭頂部の円形脱毛症や生え際の後退に発毛促進効果が期待できる口コミで評判の男性用と女性用の育毛サプリメントや育毛剤ランキングをご覧ください。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.