青汁イメージ

青汁の栄養分-SOD酵素-

青汁は緑黄色野菜の成分をそのまま製品にしているため、原材料の違いによって有効成分が全く変わります。
大麦若葉を主原料とした青汁には、SOD酵素が豊富に含まれています。
SOD酵素はスーパーオキシドディスムターゼの略称であり、日本語に直すと活性酸素を除去する酵素という意味になります。
活性酸素とは、人の体内で作られる抗菌・酸化力に非常に優れた酸素です。
呼吸で取り入れた内の約2%の酸素が活性酸素に変化するとされます。
本来は病原菌やウィルスを駆除する役目を担っており、必ず体に必要な活性酸素ですが、過度に蓄積されると細胞まで酸化させます。
酸化した細胞は錆びた状態になり、代謝がスムーズに行われなくなります。
それは細胞の老化を引き起こし、最悪は死滅に繋がります。
SOD酵素には、この活性酸素を体から取り除く効能があるのです。
活性酸素を取り除くことで細胞の錆びつきをブロックし、老化を食い止めることが出来ます。
SOD酵素は人の体内でも生成されますが、加齢と共にその量は減少していきます。
すると老化が促進されるので、体外からSOD酵素を摂取する必要があるのです。
SOD酵素を含む食材は種類が少ないですが、その中でトップレベルの含有量を誇るのが大麦若葉なのです。

また大麦若葉の栄養素には、甲状腺の機能促進に欠かせないビタミンとミネラルがどちらも豊富に含まれています。
甲状腺は体脂肪が増えてくると、ホルモンを分泌させて脂肪燃焼を促します。
しかしビタミンやミネラルが十分に摂取されていないと、甲状腺の働きが鈍ってホルモンが適正量分泌されなくなります。
すると脂肪の代謝が悪くなり、肥満やダイエットの失敗に繋がるのです。
さらにビタミンやミネラルには、チトクローム酸化酵素の機能を向上させる役割あります。
チトクローム酸化酵素もまた、人の体内にあり、脂肪燃焼を担っている酵素です。
ビタミンとミネラルが脂肪の燃焼に関わる二つの機能に作用することで、効率的に代謝が行われるのです。

また、大麦若葉を原料とする青汁は花粉症にも効果があります。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.