青汁イメージ

青汁で便秘解消できる?

青汁を服用することで、便秘を解消することが出来ます。
とくに便秘に効果的なのは食物繊維です。

食物繊維は不溶性のものと水溶性のものに分かれています。

不溶性食物繊維はざらついており、糸のような形状をしています。
不溶性食物繊維は腸まで届くと、腸内にある余剰の水分を吸い込んで大きく体積を増します。
それは数倍から十数倍にもなります。
体積を増した不溶性食物繊維に刺激されると、腸の働きは活発になります。
すると排便のための蠕動運動も促進されるため、いわゆるお通じの頻度が上がるのです。

水溶性食物繊維は、腸に入ると水分と混ざり合ってゲル状に変化します。
この水を含んだゲルが便を軟化させるため、排便が非常にスムーズになります。
便秘の原因としては、腸によって水分を奪われすぎてしまい、便が硬くなることが挙げられます。
固くなった便が排出されにくくなり腸に留まることで、さらに水分を失って硬化してしまう。
これが便秘の悪循環です。
水を含んだ水溶性食物繊維が便に混ざることで、便の硬化を防ぎ、便秘を解消することが出来るのです。

この水溶性食物繊維と同等の働きをするのが、難消化性デキストリンです。
難消化性デキストリンは、じゃがいもやとうもろこしのデンプンから、人工的に抽出・精製される食物繊維の一種です。
材料のデンプンは天然のものが使用されるため安全性が極めて高く、特定保健用食品にも認定されるほどです。
また水溶性食物繊維や、こちらも青汁によく配合されるオリゴ糖は、腸内にいる善玉菌の食料になります。
善玉菌が多くの糧を得ることで増殖し、さらに働きが活発になることで、悪玉菌の数を減らすことが出来ます。

さらにゲル状になった水溶性食物繊維は、腸内をゆっくり這うことで中性脂肪やコレステロールを絡めとります。
脂肪を抱き込んだ水溶性食物繊維は、便として体外に排出されるため、腸内は清掃されきれいな状態になるのです。
善玉菌が増え、老廃物も取り去られることで、腸内環境が整えられてそもそも便秘が起きにくい体になるのです。

http://www.e-guru.org/maternity.htmlにも書いてあるとおり、青汁は妊娠中にも飲むことができます。
このサイトの妊婦さんは母乳のための青汁をのページも、参考になると思います。

また、妊娠中でも摂取できる健康食品としては、セサミンhttp://www.srmhc.org/maternity.htmlもおすすめです。
健康食品で母と子ともに元気になりましょう。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.