青汁イメージ

青汁の食物繊維の種類

青汁http://xn--fswr23g.name/10yasai.htmlに含まれる食物繊維には、いくつかの種類があります。

○不溶性食物繊維
不溶性食物繊維はザラザラとしており、糸・へちま・ハチの巣など様々な形状を持っています。
どれも飲み込むために多くの咀嚼が必要になるため、少量の食事でも満腹感を得ることが出来ます。
腸に送られると水分を吸収し、最大で十数倍程度まで膨張します。
すると刺激を受けた腸の活動が活発になり、蠕動運動によって排便が促されるので、便秘解消の効果があります。
また不溶性食物繊維は腸内に侵入したダイオキシン・水銀・重金属などの有害物質を巻き込んで、便として体内から排除する働きがあります。
有害物質の除去することで、大腸がんを予防することが出来ます。

○水溶性食物繊維
水溶性食物繊維は腸に送られると、水と溶け合ってゲル状になります。
このゲルには粘性が備わるため、腸内での移動が非常にスローペースになります。
腸内に長く滞在することで、満腹感が持続されるのです。
また粘性を持って腸内を這うので、中性脂肪やコレステロールを吸着して絡めとっていきます。
そしてそれらの成分と一緒に、便として排出されるのです。
また便に水分を含ませ柔らかさを担うので、排便が非常に楽になります。
さらに水溶性食物繊維は、腸内細菌である善玉菌の餌にもなります。
善玉菌が活発になると、反比例して悪玉菌は減少していきます こうして腸内フローラが整えられることで、腸が健康に保たれ、便秘や下痢・消化不良を起こしにくい体へと変わっていきます。

○難消化性デキストリン
難消化性デキストリンは、天然のでんぷんから人工的に抽出される、食物繊維の仲間です。
効能としては、上記の水溶性食物繊維と同等の作用が認められます。
ただ一点違うのは、ミネラルの吸収を促進する効果がある点です。
食物繊維はミネラルを抱き込んでしまい、吸収を阻害する可能性があります。
しかし難消化性デキストリンは粘性が低く抑えられているため、ミネラルの吸収を邪魔せずに、水溶性食物繊維としての役割を果たすのです。
また、青汁にはビタミンE、鉄だけではなく、食物繊維、ミネラルといった栄養素もふんだんに含まれています。
青汁は健康的にダイエットできるのでおすすめです。

http://xn--q10-qi4bta9dwa15axf.tk/023diet.htmlでは、同じようにダイエット効果が期待できるコエンザイムQ10についてかいてあります。

こちらのサイトには、青汁のお得な買い方について詳しく解説していました。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.