青汁イメージ

健康を維持したいなら青汁

青汁の原料としてよく用いられる明日葉には、SOD酵素が豊富に含まれています。
SOD酵素には優れた抗酸化作用があり、体内から活性酸素を取り払います。
活性酸素は、呼吸で吸い込んだ酸素の中から発生します。
激しい運動により呼吸量が多くなったり、または紫外線やストレス多くを受けると生成されやすくなります。
活性酸素は酸化力の他に抗菌作用が強く、本来は病原菌などから体を守る役割を持っています。
しかし活性酸素の生成が過度になり、細胞にまで働きかけると、細胞は働きが妨げられて、効率的な代謝や栄養の運搬が行われなくなります。
すると金属のように錆びついたり、中心部の核が傷つくなどして、細胞が老化するのです。
細胞が老化すると、アトピー性皮膚炎や関節リウマチ、動脈硬化や癌など、様々な病気を引き起こします。
SOD酵素にはこの活性酸素を排除して、体を若く保ち、病気を予防する効果があるのです。


また健康維持には不可欠である良質な睡眠を取るのにも、青汁は効果的です。
ケールを主原料とした青汁には、メラトニンが豊富に含まれています。
メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれるホルモンの一種です。
体内時計を調節することで、睡眠と覚醒の交代を円滑にする役目を担っています。
朝から昼にかけての明るい時間帯にはほとんど分泌されませんが、日が陰って夜の時間帯になると分泌が開始されます。
分泌されてから時間が経つと血圧や体温が低下し、精神も落ち着いてくるため、体が睡眠に適した状態になります。
メラトニンは脳の松果体から分泌されるため、人の体内に元々ある成分ですが、加齢に伴って分泌量は減っていきます。
また夜間でも、強い光を浴び続けていると分泌が抑制されるため、覚醒状態が続く場合があります。
寝つきが悪い場合は、何らかの理由でメラトニンの分泌が少ない可能性があります。
青汁を服用して、体外からメラトニンを補給することで、睡眠不足を解消できる可能性があります。

青汁は飲みやすいってホント?についてはこちらのサイトがわかりやすくておすすめです。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.