青汁イメージ

血糖値の上昇を抑えてくれる

毎日続けることによって力を発揮する青汁ですが、青汁には血糖値の上昇を抑える効能があります。
また血糖値を抑えることによって、ダイエット効果も期待できます。

人は飲食をすることで糖分や脂質を摂取し、それらが吸収されて血液に溶け込むことで、血糖値が上昇します。
多くの糖分が一気に吸収されるほど、血糖値の上昇も大きくなります。
これを抑えるのが、食物繊維です。
青汁には多くの食物繊維が含まれています。
中でも血糖値の上昇抑制に役立つのは、水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維は、腸内で水と混ざり合うと、ネバネバとしたゲル状になります。
このゲルが食べたものを覆って包み込むため、栄養素の急速な吸収が阻まれ、糖や脂質の吸収も制限されるのです。

また吸収されるものに関しても、時間をかけて緩やかに吸収されるため、血糖値の急上昇を緩やかにすることが出来ます。
血糖値が一気に跳ね上がると、その血糖値を元に戻そうと、インシュリンが大量に分泌されます。
インシュリンの働きには、血糖をエネルギーに変えて体に供給すること。
さらに、エネルギーに変換しきれなかった血糖を、中性脂肪として体に備蓄させることが挙げられます。
血糖値が一気に上昇し、インシュリンがたくさん分泌されるほど、体脂肪が作られることになるのです。
インシュリンの分泌を抑制するためには、水溶性食物繊維で糖分や脂質の吸収を制限する必要があります。
血糖値の上昇値を低く抑えることで、肥満体型の予防、もしくは改善ができるのです。

また血糖値の上昇が急激であるほど、それに比例して血糖値の下降も急速になります。
人の体は一気に血糖値が低下すると、低血糖状態に陥ります。
体が低血糖状態になると、実際には十分に摂取していても、さらに糖分を欲するようになります。
結果、過食や過度な糖分の摂取に走り、肥満の原因になるのです。
血糖値の上昇と下降、どちらもが緩やかであれば、適正な糖分の摂取で満足感が長く続きます。
また水溶性食物繊維はゲル状になって腸に長く留まるため、それ自体が満腹感を持続させ、食べすぎを抑える手段にもなります。
ダイエット効果のある青汁にはこのような仕組みが合ったのです。

こちらのhttp://www.tourofcalifornia-solvang.com/saikinn.htmlには多くの女性に摂ってほしいイソフラボンという成分についてかかれています。
健康ブームなので一度は聞いたことがあるという人もいると思いますが、このイソフラボンは健康面でも美容面でも嬉しい効果をたくさん発揮してくれる優秀な成分です。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.