青汁イメージ

青汁をいろんな方向から比較してみる

毎日飲みたい健康にいいものと考えたときに、青汁があります。
たくさんのメーカーから、いろんな種類の物が販売されています。
どんな原料の物があるのか、どんな事に役に立つのか、好みのものはあるのか比較してみます。
原料の比較です。
ケールと言う地中海原産の野菜があります。
アブラナ科に属した野菜で和名緑葉甘藍といいます。
青汁が世間に知られるようになった知名度の高い商品もこのケールが原料になっています。
ケールはビタミンやカルシウムが多く含まれていて繊維質も豊富に含まれていますが、一つ難を言えば味に癖があることです。
癖が好きだという人も中にはいますから、一概に飲みづらいとは言い切れませんが中には顆粒状の商品もあり、液体そのままの商品よりも癖がなく飲みやすく出来てます。
一般的な原料として使われているのが、大麦若葉です。
大麦と言うと麦茶のパッケージなどでよく見かけますが、その若葉を使っているものです。
若葉にはビタミン、ミネラルが多く含まれています。
中でもビタミンB2、葉緑素、鉄分、酵素、食物繊維など栄養素がバランスよく多く含んでいます。
栄養素が多く含まれているだけではなく、高血圧の予防や血中コレステロールを下げる働きもあるのです。
こちらの、青汁のコレステロール値を下げる効果についての解説も是非ご覧ください。
大麦若葉はケールに比べて味に癖がなくおいしいと言われています。
癖が無い為に、子供でもジュース代わりに飲むことが出来、お年寄りもお茶代わりに飲めるのです。
あまりなじみのない明日葉と言う植物があります。
八丈島や伊豆大島など暖かいところが原産でセリ科に属する植物です。
名前の由来となったほど生命力の強い野菜です。
明日葉には、カルコンと言われる独自の成分を根や茎に含んでいます。
カルコンと言う独自の成分はポリフェノールの一種と言われています。
カルコン成分のせいか味は独特の癖がありそのままでは飲みずらいと言う人も多く、製品の中には抹茶味にして販売されているものもあるのです。
蚕の餌として知られてきた桑の葉を原料とした青汁もあります。
最近、桑の葉には血糖値の上昇を抑える働きがあることが分かってきて注目を集めています。
桑の葉は養蚕のために今まで桑畑を作ってきましたが、青汁などに使用するために品種改良された桑を作るようになっています。
また、桑の実はマルベリーと呼ばれ食用として果実酒やジャムの材料となっています。
桑の葉は、血糖値を抑えることで糖尿病の予防などに効き目があります。
他にも、いろんな原料で作られています。
個人の嗜好に合ったもの、期待する効果のものを比較検討して購入するといいのです。
飲みやすくビタミン豊富なレモンの青汁についてはこちらのサイトが紹介しています。
また、こちらのサイトでは、青汁無料サンプル比較について詳しく解説していました。

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.