青汁イメージ

青汁で健康生活

青汁を服用することで、健康的な生活を守ることが出来ます。

青汁に多く含まれる食物繊維には、多くの健康効果が認められています。
食物繊維には不溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、それぞれに異なった効能があります。
不溶性食物繊維は、腸内の余剰な水分を吸い込み、体積を増やします。
不溶性食物繊維が膨張すると、腸が刺激されて蠕動運動が促進されるようになり、便秘が改善されます。
また不溶性食物繊維は、腸内から有害物質をさらっていくので、大腸がんの予防にも効果的とされています。

水溶性食物繊維は腸内に住んでいる、ビフィズス菌など善玉菌のエネルギー源になります。
エネルギーを得た善玉菌が優位になると悪玉菌は減少していきます。
こうして腸内環境が整うことで消化吸収がスムーズになり、健康的な体を作ることが出来ます。

また水溶性食物繊維には、腸内で水に溶け込むと、粘着質なゲル状になる特徴があります。
ゲルが腸内の消化物を包み込むため、糖や中性脂質、コレステロールなどの摂取が抑制されます。
吸収も時間をかけて行われるため、食事中~食後の血糖値の上昇も緩やかになります。
血糖値が急速に上昇した場合、体はインシュリンを多く分泌して、一気に血糖値を低下させようとします。
インシュリンは血糖を体の動力源にする他、予備のエネルギーとして血糖を温存するようにと指示を出します。
血糖が温存された形が皮下脂肪や内臓脂肪です。
血糖値の急激な上昇は、メタボリックな体型を作るもとになるのです。
水溶性食物繊維を摂取することで、血糖値の上昇を抑制すれば、過度な脂肪が蓄えられることを防げます。

よく青汁の主原料になっている明日葉には、明日葉特有のカルコンというポリフェノールが含まれています。
カルコンには、アディポネクチンというホルモンを増加させる作用があります。
アディポネクチンは「抗メタボリックシンドロームホルモン」と呼ばれるほど、脂肪の燃焼や代謝を高める効能が認められています。
筋肉内にある酵素は、エネルギーが必要になった時点で、体脂肪や糖分をエネルギーへと変換させます。
しかしアディポネクチンは、運動をしていなくてもこの酵素に働きかけ、常に脂肪を燃焼させるのです。
基礎的な代謝が高くなるので太りにくくなり、ダイエットにも効果的です。
また代謝を続けることで老廃物が排出され、体内から毒素が抜け、デトックス効果も期待できます 栄養素が多く含まれているだけではなく、高血圧の予防や血中コレステロールを下げる働きもあるのです。
こちらの、青汁のコレステロール値を下げる効果についての解説も是非ご覧ください。

青汁は個人の嗜好に合ったもの、期待する効果のものを比較検討して購入するといいのです。
飲みやすくビタミン豊富なレモンの青汁についてはこちらのサイトが紹介しています。
また、こちらのサイトでは、青汁無料サンプル比較について詳しく解説していました。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.